京都の珈琲職人、地球の守り手となる
小川珈琲

珈琲通の間で「京都の珈琲職人」として高い評価を受けている小川珈琲株式会社。
一人の珈琲職人であった創業者の品質や味への徹底したこだわりが、創業以来、連綿と受け継がれる同社のポリシーである。そんな小川珈琲が、味や品質と同じく大切に守り続けているのが、コーヒー豆を生産する世界各国の生産地との関係である。

国際フェアトレード認証コーヒーを開始。

他社に先駆け、有機コーヒーの取り扱いを開始。2004年より国際フェアトレード認証コーヒーを始めた。生産者が正当な利益を享受することで、より品質の高いコーヒー豆の生産に意欲的に取り組んでもらえる、共存共栄の関係を具現化した施策である。

日本では初めてとなる「バードフレンドリー®認証コーヒー」を販売開始。

翌年の2005年より日本では初めてとなる「バードフレンドリー®認証コーヒー」を販売開始。この認証は、アメリカのスミソニアン渡り鳥センターが中心となって進めている環境保護プログラムで、熱帯の森林の木陰を利用した有機栽培コーヒーをプレミアム価格で買い取り、生産者と森と森で休息する渡り鳥を守る取組みである。

アジア初となる「オランウータンコーヒー」の販売を開始。

また、2017年よりはアジア初となる「オランウータンコーヒー」の販売を開始。これは熱帯雨林保護活動、環境に配慮した栽培を行うコーヒー生産者を支援するプロジェクトである。
これらの取組みには「本物の価値ある商品を真心を持ってお届けする」という小川珈琲が掲げる企業理念と深く関係していると言えるだろう。2018年「お客様においしいコーヒーを提供し続ける」という使命のもと、SDGs※に賛同し、小川珈琲が取組む活動と関連付けて発信を行っている。
「一杯のコーヒーからできること」を真摯に京都から世界へと発信し活動していく、この京都の「珈琲職人達」の活躍に、私たちは同じ京都人として思いを馳せながら、芳醇な香りと味わいに身を委ねたいと思う。

小川珈琲株式会社

京都市右京区西京極北庄境町75番
TEL:075-313-7333(代表)
公式ホームページ:www.oc-ogawa.co.jp/