2019-05-23

「千年の都」の知恵とおもてなしの心 − ザ・サウザンド キョウト

京都駅のそば、東洞院通り沿いに建つ「ザ・サウザンド キョウト」は、千年の都・京都の知恵と美学が凝縮した新ホテルだ。

『京都の豊かな知恵に触れる ~パーソナル・コンフォート・ホテル ~』

ザ・サウザンド キョウトは、簡単に人と繋がれるソーシャルな時代だからこそ、京都に「もっとパーソナルな癒しにあふれたホテルが必要である」という考えのもと、自分の好きなスタイルで食を楽しむカフェやレストラン、自分らしくいられる部屋、心身を癒す施設などを備え、2019年1月に開業した新しい時代にふさわしいホスピタリティマインドにあふれるホテルである。京都らしいおもてなしや心づかいが随所に活かされた施設やサービスの数々は旅行者のみならず、京都に暮らす私達もきっと魅了してくれるだろう。

デザインにこめられた 『コンフォート・ミニマリズム』

シンプルで洗練されたデザインで、日本的な心地良さを感じる空間。茶室のような引き算のデザインや京町家に活きる家や道具の機能美、そして自然との調和。京都で育まれた豊かな知恵を随所に取り入れたしつらえが、訪れるゲスト一人ひとりに心地よい時間と空間を届けてくれる。京都駅前に立地するホテルとしては最大級の客室面積を誇り、禅の思想から着想されたインテリアデザインは、日本家屋のようなシンプル&ローハイトの落ち着いた空間を演出している。シンプルな中にも意匠を凝らした各スイートルームは無論のこと、京町家の知恵をベースに光、緑を取り入れたスタンダードな客室も注目したい。

二つの設えに味わう“千年“の知恵と饗する心 – ザ・サウザンド キョウトの食を愉しむ

非日常へと誘うロビーの大階段を上がれば、2階レストランフロア。オープンキッチンを有するイタリアン「SCALAE」は、本場の味を踏襲しつつも革新的な、シェフの感性光る料理が味わえる。一方、日本料理「KIZAHASHI」は、深山幽谷を思わせる眺めが魅力。炭火の炉を備えたカウンターで楽しめる、素材と調理法が選べるモダン割烹のほか、会席料理やお弁当もある。(カウンターはディナー限定)いずれも個室完備で、カジュアルにも特別な集まりにも使える、食の魅力が堪能できるレストランだ。

イタリアンレストラン「SCALAE」

動と静・伝統と革新が共存する、五感で感じるイタリアン。
今回、注目したいのがシェフを囲むように設えられたカウンター印象的なイタリアンレストラン「スカーラエ」。饗されるメニューは、カジュアルでオープンな感覚でいながら、品が良く、しかも美味しい。モダン、クラシック、イノベーティブなど様々な要素を含み、枠にとらわれず革新的。シェフの感性が光る料理の数々に、心が躍る。京都人として、普段行くレストランとしても利用してみたい。

インフォメーション

営業時間

朝食 7:00~10:00(L.O.)
ランチ 11:30~14:30(L.O.)
ディナー 17:30~21:00(L.O.)

ご予約

「SCALAE」のご予約はこちらから

日本料理レストラン「KIZAHASHI」

庭園を臨む洗練された空間で料理人の技と四季折々の滋味を味わう。
周囲を庭園に囲まれた眺めが魅力的な日本料理レストラン「KIZAHASHI」。料理人との会話や、炭火の香りと熱気が魅力のカウンター席をはじめ、個室もご用意され、カジュアルな利用やフォーマルな日の利用にも配慮された設えである。伝統的なスタイルから斬新なアレンジまで、その日のおすすめ素材を最適な調理法がプレゼンテーションされるモダン割烹は日本料理の新しい楽しみ方を気づかせてくれる。

インフォメーション

営業時間

朝食 7:00~10:00(L.O.)
昼食 11:30~14:30(L.O.)
夕食 17:30~21:00(L.O.)

ご予約

「KIZAHASHI」のご予約はこちらから

アクセス

〒600-8216 京都府京都市下京区東塩小路町 570番
JR京都駅中央口から、東へ徒歩約2分。
地下連絡通路からは“出口5”をご利用ください。

レストラン総合受付直通

075-351-0700(10:00〜20:00)

関連記事