2018-11-29

京都の路地には、イタリア生まれのトポリーノがお似合い!- FIAT 500

おしゃれなイタリア車といえば? 少しでも車を知る人であれば、「フィアット 500(チンクエチェント)」を挙げる人は多いだろう。
イタリア語で「500」の意味を持つチンクエチェントは、1936年に誕生して以来、ルパン三世をはじめ、多くの映画やドラマなどに登場し、カーデザインの世界的アイコンとなっている。クラシカルでキュートなフォルム、丸みを活かしたポップな内装。性別や年齢を問わず多くの人々を魅了し続けるその愛らしいデザインは、歴史が息づく京都の街並みにすんなりと馴染み、何気ない毎日を楽しくスタイリッシュに演出してくれる。

コンパクトサイズと足回りの良さで、細い道の多い京都の町でも運転しやすく、安定感も抜群。リアシートを倒せば大きな荷物も収納可能で、買い物やアウトドアなど、様々なシーンで活躍してくれるに違いない。

撮影協力:sione 銀閣寺本店

小粋なイタリアンが集うショールーム、京都宝ヶ池に。フィアット京都・アバルト京都

キュートなルックスが魅力の「フィアット」、一流の走りの資質を備えた「アバルト」。イタリア車を代表する2ブランドの正規販売店「フィアット京都・アバルト京都」が、2018年8月、宝ヶ池に登場した。建物はシンプルながらも存在感のあるシルバーの外壁が特徴的で、地下鉄烏丸線「国際会館駅」より徒歩8分とアクセスも良好。フィアット、アバルトそれぞれの世界観を体現したショールームのほか、地下にはキッズコーナーやカフェテリアを有するラウンジスペースを設置。車に関する展示はもちろん、アパレルメーカーとのコラボレーションなど、イタリア文化に触れるイベントも多数実施予定だ。

また、ここのゼネラルマネージャーは、自身もイタリア車愛好家で、販売歴40年超の大ベテラン。車のみならず、イタリアの文化、食事、音楽、スポーツにも造詣が深い。そんなイタリアの全てを愛するコンシェルジュと、熱く語るひと時を過ごすのも一興である。

世界で一番小粋なサソリ。アバルトに乗ってみませんか?

FIAT500ベースの小粋なボディに、スコルピオーネのドライビングフィールとカスタマイズの楽しさを詰め込んだアバルト595をご試乗いただけます。試乗車には、ATモード付5速シーケンシャルトランスミッション、右ハンドルのモデルをご用意しております。

試乗ご予約の方にはご来場プレゼントを差し上げます。詳しくは下記、電話番号まで。「アフルエントを見た」とスタッフまでお伝え下さい。

フィアット京都・アバルト京都
京都市左京区上高野諸木町47番地1
TEL:075-706-1100(代)
営業時間:10:00~18:00(定休日:水曜日)
フィアット京都・アバルト京都公式ウェブサイト
関連記事